推しのギャルに会いに名古屋に行った話



f:id:pprinrin:20190816002612j:image
推しのギャル、ココ・パーティン・ココさんが所属しているGANG PARADEの女性限定ライブに参戦するべく、名古屋へ遠征してきた。

大阪でも開催されるライブだったのだが、残念なことに労働の予定が入っており泣く泣く断念。Twitterで名古屋行くか迷ってる〜と呟いたところ、フォロワーさんが誘ってくれたので急遽行くことに。

名古屋へは高速バスで行った。大阪から名古屋へは片道で3000円もかからずに行けることを知ってしまったので、名古屋遠征の頻度が高くなるかもしれない。

 

名古屋へ着くなり向かった先は青柳総本家。1ヶ月ほど前に、Instagramでかえるまんじゅうが名古屋土産で売っているというのを知った私は、名古屋へ行くタイミングを虎視眈々と狙っていた。

f:id:pprinrin:20190816002920j:image

まだ開けていないが多分ひよこ饅頭みたいな感じかな、と予想している。

 

その後フォロワーさんと合流した。とても優しいフォロワーさんだったので、昼以降にしか名古屋に行けないと嘆く私の分も一緒に、物販列に並んで特典会の参加券を貰ってきてくれたのだ。そのおかげで私もココ・パーティン・ココさんとチェキを撮ることができるオタクになった。


f:id:pprinrin:20190816003310j:image
ちなみにそのために購入したCDは3枚。わたしのCD配りおばさん生活はまだまだ続きそうである。

フォロワーさんとご飯食べたりお茶したりしてるうちに開場時間が近づいてきたので、会場へ。

おそらく200人ほどが入っていたライブで、整理番号が80番台だったので、そこそこ近い距離で見ることが出来た。

女性限定ライブなので当たり前だが、周りには女の子しかいないので、コールの声が高く、普段の男女比7:3〜6:4ぐらい(?)の感じと比べると非常に新鮮であった。

また、女性限定ということで、メンバーのみんなも髪型を女ウケ?が良さそうな可愛い感じにしていたり、MCもコスメや今日のファッションポイントの話をしてくれたりなど、全体的にキャピキャピした雰囲気であった。オタクは熱かったけどね。

 

特典会では、ココ・パーティン・ココさんに大阪から来たこと、最近Twitterアイコンでココ・パーティン・ココさんのイラストを描いてもらったこと、次の日の大阪でのリリースイベントにも参加することを伝えることが出来たので私にしては花丸100点である。

あとは特典券が1枚分余ったので、全員握手会にも参加した。初めての握手会で学んだことは、アイドルはいい匂いがするということと、スタッフはすぐに剥がしに来るということである。ほんとに3秒ぐらいで剥がされる。びっくりしてしまった。

 

ライブ終了後、フォロワーさんにお礼とさようならを言って、明日のリリイベでは何枚CD買おうかな〜などと考えながら新幹線に乗り込んだ。

 

*********************

 

結局翌日のリリイベではCDを2枚買い、推しのココ・パーティン・ココさん、1度お話してみたかったテラシマユウカさんとチェキを撮らせてもらった。給料がまだしばらく入らないのに、CDばかり何枚も買って泥水をすするような生活をしています。

この日もこの日で推しにレス貰えたり色々とハッピーなことがあったのだが、長くなるので覚えていたらまたの機会に。

 

ちなみに前回の大阪野音ではP2MとCAN'T STOPでその後数日間全身バキバキであったが、今回は2日連続で全力でP2Mで跳んだにもかかわらず、特にどこも痛めなかった。オタクは強くなる。

村上信五にメロメロになった話


f:id:pprinrin:20190729213437j:image

身近にエイターがそこそこいる環境で育ってきたので、元々関ジャニ∞は「テレビに出ていたら面白いし、わりと好きな感じの曲をよくリリースしているから」という感じの理由で、ふわっと応援していた。

絶対楽しいだろうし1度はコンサートに行ってみたいなあ〜という気持ちはあったけれど、ジャニーズのアイドルのコンサートは、ファンクラブに入らないとチケット抽選に応募できないということから、わりと自分の中ではハードルが高めだった。妹がエイターなので、ファンクラブには入っているけれど、コンサートに行くのは毎回友達と一緒であるため、「関ジャニのコンサート行きたい!私も連れて行って!」なんて厚かましいこと、口が裂けても言えないのである。なぜなら小心者なので。

でも、私はメンバーの中だと、渋谷すばるくんと丸山隆平くんが好きだったので、渋谷すばるくんがいる間に頼み込んで1回ぐらい連れて行ってもらえば良かったなあ、と今は少しだけ思う。推しは推せるうちに推しておけって誰か言ってたな。

さて、ついにこの度私はラッキーなことに、友人から声をかけてもらえ、関ジャニ∞のコンサートに連れて行ってもらえることになった。

「やった〜♪ルンルン♪」などとウキウキしつつも、インターネットを見ているとよく目につく"ジャニーズファンのマナー問題" "コンサートでの暗黙のルール的なアレ"のことが心配であったので、私は、インターネットで"ジャニーズ  コンサート  服装" "ジャニーズ  コンサート  マナー"などと検索しまくった。持ち込むペンライトは公式で販売されているもののみ、うちわは胸より上に上げない、規定サイズより大きなものは持っていかない、ということを学んだ。関ジャニ∞の楽曲を聞いてコンサートの予習をした時間よりも長い時間を費やした気がする。

コンサートの当日、私は友人に別会場での物販で一緒に買ってきてもらった丸山くんのうちわとペンライトを持ち、気持ち程度のオレンジ色を身につけて会場へ向かった。ライブは極力荷物を少なくして行くものというイメージがあったので、この時点で違和感マシマシである。しかし、エイターの皆さんは結構な大荷物で会場に向かっているので、そういうものなんだろうな、と思った。

私たちの席はスタンドの上段のなんだかよく分からないけどステージからは遠いが会場全体を見渡すことが出来る場所だった。友人は「ファンサは期待出来ないな」「銀テも飛んでこない」と言っていたが、私はよく分からなかったので、適当に「そういうもんか〜」と返しておいた。そんなことよりもこんなクソでかい会場を満席にして何日も、何ヶ所も回るなんて、関ジャニ∞すげえな…という気持ちでいっぱいだった。

コンサートが始まり、関ジャニ∞の皆さんがステージに現れた。席が遠いので彼らは私の目からは人が踊ってるなあ…というぐらいにしか見えなかったけれど、メンバーカラーの衣装を着ていたときはどれが誰なのか把握することが出来たし、巨大なスクリーンにはメンバーの顔や歌詞、さまざまな映像演出が映し出されており、席が遠くても楽しめるようになっていた。私の好きな丸山くんがファンのうちわに応えてポーズをとったり鮭の真似をしているところ(おそらく)も確認出来たし、何より、彼が甘めの声で真っ直ぐ歌うのを生で見聞き出来たのが何より嬉しかった。私は丸山くんのおちゃらけた感じの時と真剣な時のギャップ、そしてあのわがままボディで顔が丸くて全体的なフォルムが可愛いところがとても好きなのだ。

 

コンサートも終盤に差し掛かり、メンバー全員がありがとう!ありがとう〜!と手を振りながら舞台裏へはけていくのを拍手しながら見ていると、1人気になって仕方ない動きをしているメンバーがいた。村上信五くんである。村上くんは、Tシャツの裾をぴらっと掴み、お姫様スタイルのお辞儀で何度も何度もエイターの皆さんに挨拶していた。テレビではあんなガサツな感じだけれど、コンサートではちゃんとキラキラアイドルをしているというのは各方面から聞いていたが、あんな「漢!!!!!!!ドーン!!!!!!」といった感じの村上くんがお姫様になるという話は聞いていない。それを見てから私の頭の中は村上信五のことでいっぱいである。

コンサートが終わってから、どうしても関ジャニ∞のぬいぐるみが欲しくなってしまい、物販で丸山くんのぬいぐるみを買って帰った。私は丸山くんのママになった。

f:id:pprinrin:20190729212440j:image

帰りの電車でも、やっぱり村上くんも買っておけば良かったかな…でも置くところないしな…でも欲しいな…などとモヤモヤしていた。わたしがフリーターであるばかりに村上くんを連れて帰れなかった。ごめんね村上くん。我が家は大倉忠義丸山隆平で手がいっぱいです。f:id:pprinrin:20190729213210j:image

とても充実した一日となった。誘ってくれた友人に感謝。今度はオペラグラス持参で参戦したい。

なお私は妹が私の名前でファンクラブの名義をもうひとつ所持しているので、わたしが関ジャニ∞にどハマりししまっても、妹に泣いて乞わない限りファンクラブに入会することは出来ない。悲しい。

これは余談だが、私は7月の頭に放送された「THE MUSIC DAY」のジャニーズメドレーを見たときもこんな発言をしていた。

f:id:pprinrin:20190729212931j:image


f:id:pprinrin:20190729212946j:image

私はこの時点で既に村上くんの虜だったのかな…としみじみ思いながら、追加で物販でぬいぐるみを購入するという友人に「村上くんのうちわも買ってきて」とお願いした。

GANG PARADEのライブに行った話

大阪城野外音楽堂で行われたGANG PARADEの「CHALLENGE the LIMIT TOUR」に参戦した。ちゃんとしたライブはこれが初。

 

私がギャンパレを知ったのは、ちょうどカミヤサキさんとアヤ・エイトプリンスさんの交換トレードが行われた頃だった。それまではWACKはBiSHはちょっとだけわかるかな〜ぐらいの印象で、ギャンパレに関しては、最初は「Plastic 2 Marcyめちゃくちゃ楽しそう」「このアヤ・エイトプリンスという子はとても綺麗な顔をしているな」ぐらいの印象だった。しかし、楽曲を聞いてみると、少し前にヴィレッジヴァンガードの店内モニターで流れていたPOPのHappy Lucky Kirakira Luckyを歌っているではないか。疑問に思った私はギャンパレとPOPの関係について調べてみた。するとギャンパレの前身ユニットがPOPだったようで。

さらに、ちょうどギャンパレを知った頃の衣装が、前面には"愚連隊行進"の字が、背面にはメンバーの名前を漢字にあてたものが書かれた特攻服っぽいデザインのアレで、ヤンキーみたいな泥臭くオラオラした感じの漫画やらゲームやらが割と好きな私は、ギャンパレが気になって気になって仕方なくなった。

その流れでちょうどその頃発売されたシングル "BREAKING THE ROAD/とろいくらうに食べたい"を即刻ダウンロード購入した。それからしばらくして、カミヤサキさんとアヤ・エイトプリンスさんの交換トレードが終了し、ハルナ・バッ・チーンさん、月ノウサギさんの加入、「GANG2」、「CAN'T STOP」のリリースと、ギャンパレがどんどん勢いづいていくにつれて、私の現場への興味が高まっていく。入口こそアヤ・エイトプリンスさんであったが、その頃には私はもうココ・パーティン・ココさんの歌唱力、笑顔、面白さに釘付けであった。ちなみにこれは余談ではあるが、私はギャルっぽい見た目の女の子がとても好きです。

そしてアルバム「LAST GANG PARADE」がリリースされるにあたり、大阪でもリリイベが開催されるという情報を手に入れた私は、ちょっとハマりかけていたフォロワーを無理矢理引き連れて、リリイベへ足を運んだ。初めてのアイドル現場でドキドキであったが、楽曲と遊び人たちのコールが合わさって曲が最高潮に盛り上がる感じ、その場所がひとつになる感じが本当に楽しくて、特典会ではココ・パーティン・ココさんに、初めて現場に来れたこと、本当に楽しかったからまた遊びに来ますということを伝えて一緒にチェキを撮ってもらった。実物のココちゃんはいい匂いがして、明るくて優しくて、歌も上手くて、これからも推していこう!という気持ちが最高に高まった。

それからしばらくして、東京と大阪で野音ツアーを実施すると発表され、これは行くしかないとチケットを確保した。大学4回生まで1度もライブに行ったことがなかった私のくせに、とんでもない行動力ではないか。この行動力を他の所に使えていれば就職活動も失敗しなかったかもしれないが、それはまた別の話である。

f:id:pprinrin:20190730020646j:image

当日、そこそこ見やすい席が当たったので、近いね、楽しみだね、なんて連番したフォロワーと話しながら開演を待っていた。ついに時間が来て、いつものovertureが流れ始める。ここから先はもう胸は踊りっぱなしである。胸どころか体も踊っていたが。ギャンパレはわりと手の振りが多いので、遊び人も一緒に真似するパターンが多く、ほとんどの曲でずっと手を上げているか振っているかなので、普段運動しない私は右手がバキバキになった。

極めつけには1番楽しいとされる(当社比)「Plastic 2 Marcy」。これはサビで両隣の遊び人と肩を組んでぴょんぴょん跳ねながら左右に移動する。引きこもり生活が長く続いていた私はもうバテバテである。しかし超楽しい。

ギャンパレのライブは基本的に撮影可なので、YouTubeにライブ映像等が沢山投稿されているので気になる人は1度見てみて欲しい。

この曲でライブは一旦終演し、その後すぐに遊び人たちからの「まだ足りない!」コール。アンコールを受けて、メンバーたちがステージに戻って来て、テラシマユウカさんが「BiSオーディションに合格できなかったこと、SiSが1日で解散してしまったこと、今までたくさん大変だったり辛い思いもしてきたけれど、ギャンパレに加入して、みんなが支えてくれたおかげで今ここに立っています」みたいな感じの話をしてくれて、少しウルっとしてしまった。

その流れでの「CAN'T STOP」「GANG2」はズルい。月並みな表現しか出来ないけれど、超エモかった。あと、ちょうど周りも薄暗くなってきていたので、メンバーや遊び人が腕に付けていたLEDバンドがとても綺麗で。

今回私はLEDバンドを買っていなかったので、どこかのタイミングで絶対に買おうと心に決めた。

 

帰り道、連番していたフォロワーと「また絶対行くぞ!」と約束し、数日後全国ツアーの発表があったので、即刻申し込み、大阪のチケットは確保した。それまでにいくつかイベントもあると思うので、ちょこちょこ参加したいと思う。

新メンバーナルハワールドさんを新たに迎えた10人体制のギャンパレも楽しみにしている。最高の遊び場をありがとう。

魚が好きです。といっても月に何回も水族館に行きます!とかそんなレベルなわけではなくて、たまーに水族館とか行ったりすると永遠に見てられるな〜って思うぐらいの感じ。これは余談ですが同じような理由で工場見学とかも結構好き。

f:id:pprinrin:20190208015441j:image

海遊館に行ってきました。平日ど真ん中に訪れる海遊館は中国語が飛び交ってました。ここはほんとに日本なのか…?

f:id:pprinrin:20190208162247j:image

クラゲがふわふわ浮いてるのとか一生見てられますよね…何も考えなくていいし人生に疲れたらみんな魚を見に行けばいいと思うよ。

 

サラッと見て回ったけど結構癒されました。時間あるし須磨水とかもゆっくり行きたいな〜

初めてマッサージに行った話

先日、友人とご飯を食べに行ったのですが、食後のタピオカを嗜んでる最中に「なんかマッサージ行ってみたくて」「いいやん行こ」みたいな軽いノリで人生初のマッサージに行くことに。

f:id:pprinrin:20190123224234j:image

ちなみにこれはその日食べたお寿司です。回るお寿司久しぶりに食べたので楽しかった。

f:id:pprinrin:20190123224329j:image

ちゃっかりガチャガチャもした。

その日いた梅田はどうやらマッサージ激戦区らしく(ネットに書いてあった)、色んなところにお店がありました。行くと決めた時間が20時半とかだったので遅くまでやっててよさげな所を探して適当に行ってみることに。

お店は飲み屋とかが並ぶビルの中にあって、店前で「ここでいいかな…」「レビュー星4つとか5つだって…」とかモタモタしてたら、中から人が出てきて「今なら空いてるからすぐ出来ますよ〜」と言ってくれた、ので即決(すぐ騙されそう)。

先払いのお店だったので70分3000円ぐらいのコースでお願いしました。個室の中に着替えが用意してあって、言われるがままに着替えてから施術開始。

うつ伏せから始まったのですが、頭の下にドーナツ型のクッションが置いてあったので息苦しくなかったです。感動。首から背中にかけてが辛い〜というふうに話してたのもあるのか、背中を重点的にやってもらいました。痛くないぐらいの強さでグイグイ押してくれました。本当は痛気持ちいいぐらいが好きなんだけど言えなかった…。でも正直気持ちよくてずっとうつらうつらしてたので、気持ちよかった以外の記憶がない(レポ  とは)。あっという間に70分が過ぎてしまい、施術終わり。ボーッとした頭で着てきた服に着替えてお白湯と飴もらってお店を出ました。

姿勢悪いのでまたすぐ背中辛くなるんだろうけど、だいぶ楽になったので、石油王になったら毎日マッサージ受けたい。良い経験をしました。

 

京都に行ってきた話

どうも。12月中頃から心身ともに体調を崩し現在絶賛休職中です。最近はちょっと落ち着いてきたので、元気な日は外に出かけてみたり家でぐったりしてたりして過ごしてます。今の仕事は頑張ったら続けられるんだろうけど、前から持ってた不満に加えて業務内容そのものに嫌気さしてきてるので近いうち辞めちゃうと思う。

 

f:id:pprinrin:20190112213639j:image

そんな話はさておき、初詣という名目で京都に行ってきました。お参りは摩利支尊天へ。f:id:pprinrin:20190112213656j:image

猪のお寺らしいです。おみくじも猪で可愛かった〜

 

あとは京都の街フラフラしながら美味しいものたくさん食べて帰ってきました。美味しいもの食べてるときぐらいは生きててよかったな〜と思う

f:id:pprinrin:20190112213948j:image

ジュヴァンセルの抹茶フォンデュは食べ終わったあと残った抹茶ソースにホットミルク入れて抹茶ラテにしてもらえた


f:id:pprinrin:20190112214020j:image

パールレディのほうじ茶ミルク(ホットのタピオカドリンク初体験!)


f:id:pprinrin:20190112214243j:image

Twitterで写真流れてきて気になってた勝天!こぼれ寿司がド迫力(わたしはウニ初挑戦)。写真は撮ってないけど天ぷらもとっても美味しかったです

 

パティシエになりたい

9月の中頃、生まれて初めて"フェス"というものに参加してきました。氣志團万博
f:id:pprinrin:20181019222041j:image
お目当てはオレンジレンジももクロだったんだけど、せっかくだし〜ってことで2days参加。初めて聞くアーティストも多かったけどめちゃくちゃ楽しかったのでまた行きたい。何やかんやで毎年好きな人出てるっぽいしこれだけはほんとに元気がなくても実行に移したいです。

f:id:pprinrin:20181019222236j:image

オレンジレンジのファンクラブに入った。1月ライブ行きます

 

近況はというと相変わらず労働環境はマシになるどころかむしろ悪化していってる気がする

9月は台風が直撃し予定が狂った結果激務と人手不足とのコンビネーションで気が狂っちゃいそうでした。

ちなみに10月に入ってからはノー残業デーを剥奪されたり残業時間の上限を引き上げられたりせっかく発生した年休を部署全体の業務が片付くまでしばらく取るなと言われたりなどして心を病んでいます。偉い人が言う「今月だけだから!」をどこまで信じていいのかわからない  信じてないけど

 

早く人間らしい生活ができるようになりたい